皮オナなんて辞めて今すぐ亀頭オナに鞍替えしろ

 皮オナ歴16年。今ではすっかり包茎です。

 セックスより皮オナのほうが気持ちいいと思っている。なぜかってそりゃあ右手が性感帯を熟知していて、おまけに射精に至る速さ(2コキ/秒)も正確にビート刻んでくれるから、射精時間も射精感度も思うがまま。ラブホに入る費用もかからない。明らかにセックスより上。

 そう思っていたんですが、昨今、馬油つけての亀頭オナニーにハマってしまいまして……へへ……亀頭って気持ちいいっすね。亀頭オナって、皮オナより明らかにコキのバリエーションが少ないじゃないですか。亀頭オナは亀頭をひたすらこするだけ、それに対して皮オナは先っちょ攻めても良いし、根本シゴキながら金玉モミモミしてもいいでしょ?コけるストロークも長いしさ。それなのに、それなのに亀頭オナの方が亀頭が切なくなっちゃってちんちんパンパンになっちゃってなんだか気持ちいいの。おかしいよね。こんな話。

 亀頭オナってなかなかイケないのにさ、そのイケないいじらしさが堪らなくなってきちゃって、すり切れんばかりに亀頭コスるんだよね。もう覚えたてのボーイみたいに必死にさ。バカみたいだよね。でもコスれて亀頭パンパンの射精は気持ちいいんだ。皮オナなんてただ射精に至りだけのオナニーだよ。亀頭ショボショボ射精しかできないじゃない。本当の射精を知りたかったら亀頭オナニーをすべきだね。マジで。

俺は人を信じることができるのだろうか

 ある日、ふと長年の違和感の正体に気づくことがある。

 「自分は心から人を信じたことがあるのだろうか」

 はっきり言って……無い、んじゃないか。

 幼少のころから「両親は扶養義務があるから俺を育ててくれているだけで、私的な感情はあまり向けてこない」と認識しているような奴だった。

 それは今も変わらず、初めの他人である両親からそんな冷めた目線で人を認識しているもんだから、友人は「利害か趣向が一致している人であり、本人同士が心を許しているわけではない」だし、恋人は「恋人作りたい発情期に現れる人」みたいな認識で、なんつーか心がこもってない。俺の人間関係には心がこもってない。

 俺が心を許しているように振る舞う場合は、そうした方が場の空気を壊さないからであって、「あー今めっちゃ心許してるわー空気読めてるわーポイント高いわー」と、どこかで冷めた視線を送っている自分が必ずいる。

 本音では喋っているのに、本気では喋っていない。そういう状況がずっと続いている。

 そういう悩みがあるからこそ、人の絆を描いた物語にはすごく惹かれる。ああ、俺もいつかはああやって、全力で人とぶつかっていきてえなとか思っちゃう。人生で一度もできていない。

 信じる心は俺が知っているよりもずっと美しいもののはずなんだ。

 俺はもっと、素直に100%の力で人を信じたいのにそれができない。俺が邪魔してる。

2015年9月「適応障害と診断されました」

 適応障害と診断されました。

 先生が仰るには「運動のし過ぎ」が原因だそうで。学生時代サッカーやバスケなど激しいスポーツをしていた人がいきなりオフィスワークをやると適応障害になる場合があるそうです。

 サッカーやってたし、強烈な肉体労働ばかりしてたので、めちゃくちゃ心当たりありました。俺が症状と原因に当てはまりすぎていたようで、「ンフフッwwwホントに?」と半笑いで先生診断してた。いやフレンドリーで意見をズバズバいってくれる先生だから気を使わないで助かってるんだけどね……。

 適応障害は旧名:自律神経失調症。内臓を制御したり、感情をコントロールしたりする神経が衰弱しちゃって、下痢を頻発したり、「ま、いっか」と物事を流せなくなる病気らしい。ちなみに俺は血便が止まらなくなり、愉快なBGMと不快な言葉がシャウトする幻聴が聞こえだして「さすがにヤバイんちゃう?」と精神科を受信した次第。初診で一発アウトだったね。

俺「仕事あるので薬だけ出して頂けるt」
先生「休みましょう。診断書書くので」

 即休職だったね。しかもこれが会社の規定で欠勤にはできるけど休職にはならねえって事態を引き起こして現在絶賛ボンビー暮らしなのよね。貯金したいんだけど。人生ってうまくいかねーな。

 でもま、一つ言えるのは「目指す目標があってよかった」って事で、アラサーで人生の一つの節目としてオーストラリア移住を狙ってるのね。Twitterではたまに呟いてるんだけど。その移住って目標のおかげで、病気と診断されてもめげないのよ。「このぐらいで挫折すると思うなよ」って反骨精神が湧いてくるのよ。今までこういう良くない出来事あると絶望するしか娯楽のなかった俺ですが、目標があるおかげで、目標にすがって生きていける。来週、来月、来年を楽しみに生きていける。

 これがきっかけで今の会社を退職することになっても、遠回りになっても、諦めることはないな。そう思考できるようになったことが今年イチバンの収穫ですわ。