2014年第8週「そういう歳じゃねえから!」

おばちゃんの多い職場にいると、毎日いろんなことが起きます。

おばA「イビサーン!」

俺「はーい?」

おばB(ちょ、ちょっといいって……!)
おばA「フフフwww」

隣の机から、なにやら楽しそうな戯れてる声が聞こえます。

おばA「Bさんがイビサンのことカッコイイって~~~!!(大声)」

俺「……!」

し、仕事中に何話してるんだ彼女達は……!

俺「へ、へぇ、かっこよくはないです、へぇ(小者スマイル)」

中学生の痴話みたいな展開だ。もうそういう歳じゃねえから!俺20代後半だから!Bさんもアラサーだろ!

まったく……。



その日は、事あるごとにBさんを意識するようになりました。


おばB「あっ」

俺「おっ」

自動扉が開くと偶然Bさんが対面に。50センチ以下の距離です。

俺「~~~♪(突如鳴らすよそよそしい鼻歌」

おばB「え、えーと、次はたまねぎだったかな~~~!(白々しい声のボリューム」

違うでしょ!

好きって言われたから好きになっちゃったみたいな、そんな歳じゃないでしょ!もっと大人のCOOLな対応をしようよ!

Bさん3歳の娘さんいるでしょ!旦那さんの稼ぎが少ないと茶化しながらも、自分も働いて娘さんのために貯金してる良いお母さんでしょ!!!カッコイイのはBさんでしょ!

そういうのじゃないでしょ!むず痒いから止めよう!甘酸っぱいの止めよう!



(さすがにそういう歳じゃないので、翌日には元に戻ってました)

0 件のコメント :

コメントを投稿