2014年第3週「便利な言葉教えた日本語教師でてこい」

 会社のブログでも書きましたが、出張先の職場は「中国人100%」「女子率100%」「おばちゃん率100%」となっております。実に濃い毎日を過ごさせて頂いております。

 中国のおばちゃん達は日本の小説を読むほど日本語に精通しているのですが、問題なのが発音です。

おば「イビサン、このタゥンホルあちにやて」

俺「はい?」

おば「……タゥンホル」

俺「???」

おば「フフフwwww」

 笑ってしまうぐらい伝わってこないです。濁音系(ダとか)、破裂音(ポとか)、促音系(っ)、長音系(ー)が向こうの方は発音し難いようです。「タゥンホル」は「ダンボール」のことです。ダンボールをじゃまにならないところに避けて欲しかったんですね。さっぱりわからん。

 1ヶ月以上一緒に仕事してきたので、さすがに「長い言葉でのコミュニケーションは難しい」とお互い気付き始めました。

おば「イビサン、タゥンホル!」

俺「はい!」

おば「アリガト!」

俺「うぃーす」

 拙いながらも阿吽の呼吸です。お互いの仕事内容もわかってきましたから、表情やアイコンタクトでイケちゃうときもあります。言葉の壁なんてなかったんや。


 おばちゃんと言っても、アラフォーからアラサー……20代後半ぽい方もいらっしゃいます。”女”を感じさせる方もいらっしゃいます。

おば「イビサン、このシコトいつまで?」

俺「3月末までですね」

おば「次のシコトみつかた?」

俺「次は農業をやります」

おば「ノゥ……???」

俺「え~、畑。はたけで働きます(バカな回答」

おば「ハタケ……」


おば「スゴーイ☆(満面の笑み」

 誰ですか。便利な言葉を教えたのは。
 「すごーい☆」と言えば男がみんな喜ぶと思ったら大間違いですよ。
 こっちの言ったこと、全く伝わってないですよね。
 
 でもなぜか、コミュニケーションは成立してるんですよね。
 なんなんですか。俺の心を満たす……この承認欲求は。 
 「すごーい☆」マジすごい。

0 件のコメント :

コメントを投稿