2013年第47週「天涯孤独になりました」

 親兄弟、親族が居ない状態になりました。自主的に。


 孤児だったり、早くに両親が亡くなったり、ではなく。「お元気で」「わかりました」と連絡を取り合い、今後関わることをやめました。

 きっかけは餓死しようと飲まず食わずだった時期です。
 怪我をして働けなくなり、お金がなくなったので、惰性的に死のうと食事を断ちました。詳しくは過去ログを読んで頂ければ書いてあります。

 そのとき親に遺書のようなメールを送るのですが、「夜中にメールしてくるな」「なぜお前の命の心配をしなきゃならないんだ」と迷惑そうに言われ、「こんな人達のために俺は親子の関係を保とうとしてたのか」と失望した瞬間がありました。
 その前にも「いじめられるのはお前が悪い」「今まで育てた金を返すように」等々、この人達の言うことを”親”の言葉として素直に聞くべきなのか迷ったことが子供時代からありました。

 上記はあくまでこちらよりの話をまとめたもので、向こうにも言い分があると思います。

 「好きなように生きなさい」と背中を押してもらったこともあります。が、結果的に両親の行動や言動は「好きなように行きて欲しくなかった」んだと捉えてしまうようになりました。手間のかかる子供です。

 普通に成長して、普通に働いて、普通に結婚して欲しかったんだと思います。ですが、俺はそういう「普通」の人達にいじめられたり貶されたり溶け込めずに成人してしまったので、自分がそういう存在になることに激しく抵抗感があります。嫌悪し、軽蔑していると言って相違ないです。

 「独り立ちしてほしい」そう願う両親の希望と、俺の生き方は違います。
 建前では聞こえの良いことを口にしますが、目は迷惑そうに語っている。行動が伴わない。かつて、楽しそうに人をいじめていたクラスメイトと両親が同列になってしまいました。

 「親を殺すか自分が死ぬか」まで追い詰められて考えたこともありました。もっと気楽に考えられたら良かったのですが、自分の存在を否定されたような気分になったので真剣になってしまいました。

 自分がとった選択に後悔はありません。 
 育ててもらったこと、両親には感謝しています。
 肉親がいなくなってしまったことが、少し寂しく感じます。

2 件のコメント :

  1. ん〜  .慈悲とは.慈父・慈母とあり それを受ける者は 感謝する事, タイミングがズレてしまったネ.
    ps 子は その親をえらんで 生まれくる とあるネ 
                          オレも 知らんかった     .       

    返信削除
    返信
    1. そうですね。タイミングがずれてしまった感があります。
      感謝する気持ちとぶっ殺してやりたい気持ちが両方ありましたね当時は。その矛盾を解決するために離れるしか思いつきませんでした。

      削除