少女漫画の起承転結

 少女漫画は「思ったこと、感じたこと」で物語が完結する。起承転結の結の部分が「私の気持ち」で終わることを許されている。

 「空気に流されて浮気しちゃった、私って最低!」これで小節は完結し、次節では浮気はなかったことになっていたりする。悲しんだり自己嫌悪すれば全ては水に流れるのが少女漫画システムである。『NANA』ではどんなに不義理を起こしても困った顔して、次の章で笑顔でいれば「良い女」みたいな評価が得られる。
 話の合間に(男の俺にとって)よくわからん詩が挟まれているとき、その詩の内容は次の回では「終わった話」になっている。

 このように「私の気持ち」なんてものは一過性のもので一貫性がないので、総じて少女漫画は短命に終わる。収集がつかなくなるからだ。「なんだかんだあったけど、今は幸せ!」みたいなお茶濁しで終わらせるしかなくなる。

 それに対し少年漫画は「俺の気持ち」が起承転結の起の部分になっている。「俺は海賊王になる男だ!」と宣言したら海賊王になるまで話は終わらない。「強いってなんだろう…?」と哲学的な問いを投げれば、100巻を超えるボクシング超大作ができあがる。
 ただ、理想を追い求めるあまり、挫折したり道に迷っても物語を終わらせてもらえないのが少年漫画システムである。「敵強すぎるし、やっぱ俺には海賊王なんて無理やったんや…」と落ち込めば、必ず誰かが「バッキャロー!」と頬を張りにやってくる。今のところルフィが落ち込む様子は見られないし、エセ関西弁だったシーンはひとつとして無いのだが、そんな感じである。

 一貫性を求めるあまり、打ち切りになっても「俺たちの戦いは始まったばかりだ」と一生修行みたいなお茶濁しで幕を閉じる。女性からすれば「それで、ハッピーエンドになったの?」と聞きたいところなんじゃないかと思う。こいつら何のためにそんなに頑張ってるんだ?

 今オススメの漫画を挙げろと言われれば、少女漫画だったら『俺物語』少年漫画だったら『ザワさん』をお薦めする。
 少年少女漫画にそれぞれ特徴はあるが、そういう起承転結の波風ですらキャラクター性は壊されず、物語を俯瞰で眺めて楽しむような漫画が流行ってる気がする。
 「話の展開」が「キャラクター」「世界観」より相当格下の扱いで、「この次、どういう展開になるの?」よりも「読んでて面白いからまた読みたい(続きを読みたい)」と思わせる漫画が増えた。ような気がする。

2013年第36週「農家になろうか割と真剣に悩む」

 繁忙期のキャベツ農家でお世話になってから2週間が経ちました。

 「辛いのは初めだけ」とは言っても、今も筋肉痛と戦い、腰にかかるストレスと対峙する日々であります。精神的なストレスが少ないので、個人的には充実した毎日を過ごさせてもらってます。今日明日とお休みなのですが、収穫に行けないと思うと少し物足りなく感じるぐらいです。

 どうやら筋が良かったらしく、土に生えてるキャベツを商品用に形を整えて伐採するスピードに関してはベテランの方と同程度のレベルにまで至りました。1日に5000を軽く超えるキャベツを切ってますので、それだけやれば未経験でも上手くなっちまいます。

 半分冗談半分ガチのトーンで「キャベツ切り上手くなったねぇ〜!知り合いに婿探してるとこあるから紹介しようか!」と誘われました。こっちの人はダメな時は「ダメ」とはっきり言いますが、良いときはめっちゃ素直に褒めてくれます。
 ようやく本題です。農家になろうかちょっと真面目に悩んでます。

 俺の状況を整理すると
1.東京での就業に失敗している
2.10月から部屋の契約が切れる
3.農家の仕事環境を一部分だが体験して、好ましいと感じている
4.もともとサラリーマンが性格的に難しく、自営業を目指している
5.田舎は土地が安い。130坪240万で土地売ってた。移住すると「広い家がほしい」夢が叶いやすくなる

 3.がわりと切羽詰まっていて(自分で書いてびっくりした。1ヶ月後にホームレスになるじゃん)、とりあえず住み込みで働かせてもらえるところがあるとありがたいですね。
 東京での引っ越し代を稼ぐために働いているんですが、このままどこかの農家で修行させてもらって、何年かしたら独立するのもひとつの道かなと考え始めてます。

 栽培する野菜にもよりますが、キャベツ名産のこちらで聞いた話だと4月下旬〜10上旬に仕事してて、あとはちょくちょく畑整備しながら遊んでるそうです。半年のオフは嬉しすぎます。収入が安定しなくてもネットとAmazonさえあれば無限に暇はつぶせます!

 過去ログに残っていますが、就業に失敗してめんどくさくなって自殺までしようとしてます。
 そういう選択をしたくなるときもありますが、生きるルートがあるならちょっと頑張って手を伸ばしてみようかなと。筋肉痛しんどいですが、死のうとするときのしんどさはもっとしんどいので。

P.S.
現在、スマホから携帯電波で更新しています。
なぜかコメントに返信ができなくなっておりますが、嬉しく読ませてもらってます。

2013年第35週「キャベツの収穫舐めてた」

 キャベツ農家のすごいところ、朝2時10分に起きる。深夜アニメが放送してる時間にはもう仕事してる。


 日が昇ってからじゃ遅いんですねこれが。暑くて作業効率が落ちるから。この地域では1時~2時ぐらいに家の明かりが付き始める。

 ようやくバイトが俺以外にも2人増えて、だいぶ楽になったけど、初めはもう正直しんどかった。

2:10 起床
2:30 キャベツ畑へ出発、収穫開始。
(5:30 メシ休憩。10分程度)
(8:30 おやつ休憩。5分程度)
10:00 出荷するダンボールを準備してお昼休憩
12:30 お昼の部開始。キャベツ刈って詰めてトラクターへ載せる載せる載せる。
(15:00 おやつ休憩。標高1200ぐらいなので日差しが近く熱く感じる)
17:00 1日の業務終了。夕飯食って自由時間。

 都会で暮らしていると足場の悪い畑での動き方がよくわかってなくて、足の裏の皮が剥けたり、腰から経験したことのない電流が走ったり、身体を痛めまくった。
 キャベツの上手な切り方がわからないうちは12~15キロの箱詰めキャベツをひたすらに運び続ける。しかも高地で空気が薄い。慣れるまでは必要以上に息が切れる。

「今日寝坊しちゃってね~。1時に起きた」

「普段は何時ごろから作業してるんですか?」

「11時」

「夜の?」

「夜の。」

「日付変わってないじゃないですか!w」

「そうだねww」

 俺みたいなアルバイトを雇う理由。そう、人手が足りないのだ。キャベツの収穫期を逃したら売れなくなってしまうのだ。いっこ前の記事で「実働8時間ぐらいらしい」と書いたけどそれはお茶目なライターさんが求人票に魔法をかけていたのだ。

 ただ、都会で8時間仕事するより気分的には楽なものがある。閉鎖された環境だから逃げようがない。自分が恵まれていないとか他人がおいしい思いしてるとか、余計な雑音が入ってこない。ここでやるしか無いし、嫌な人はいない。慣れればいいだけの問題だ。
 数日経って、ちょっと働くのが楽しくなってきた。