首吊りは「楽で確実な自殺法」じゃなかった

 ネットの知識を鵜呑みにしちゃアカン。

 首吊り10回以上やったけど全然死ねない。

 以下個人的な感想。


 首吊りは「呼吸器を潰さずに頸動脈だけ圧迫する」というのが鉄則で、呼吸器を潰しちゃうと窒息死になる。それは非常に苦しい。俺は喉仏がけっこう出っ張ってるので、首にベルト巻くとかなり邪魔だった。

 けっこう極まったときだと、3,4秒で顔面の血管がパンパンになってきて、耳から血が出るんじゃねーかと思うほどの勢いを感じたんだけど、けっきょく最後までは極まらない。
 これはベルトや縄を使用したからだと推測される。どうやら血管は一部を強く圧迫するよりも、広範囲を柔らかく圧迫する方が血が止まりやすいらしい。柔道でオチた経験のある人ならわかると思うが、人の手で閉められるとわりと簡単に頸動脈は締まる。道具で代用するならタオルが良いらしい。

0 件のコメント :

コメントを投稿