【悩み】山ちゃんはエロゲやめへんで【解決】

 ちょろいツンデレはいじり甲斐があるなぁ……。

例)ちょろツン


 いやー、日常にやりたいこと詰め込んだら絶望的に時間がたりなくなっちゃって、んじゃエロゲする時間削る?遊びだし。とか考えてたんだけど、無理だったわ。

 エロゲを定期的に摂取しないと精神健康に重大な影響を及ぼす特異体質だったのを忘れてたわ。まあそんな体質ないけど。モテないくせに可愛い女の子が近くにいないとやる気が出ない根性をデフォルトで装備してるからなー。実質キモオタだからなー。

 エロゲやるのはいいんだけど、時間が足んねーのはマジなので、他の時間を削ることにした。とりあえず誓いを立ててるのは以下の通り。


・2ちゃんまとめ系のサイトには行かない

・アニメは録画して後でまとめて見る(早送り使えるから

・Tumblrは時間を決めてやる


 2ちゃんまとめとtumblrは特に、終わりがねーからな。制限しないと壊れたサルのように永遠にクリックし続けるから。とりあえずこれだけ制限して様子見。


 それにしても、文体に統一性がねーな。気分で更新してるからなー。

【悩み】エロゲやめなアカンのか

 発情期の処女はいいなぁ…。


 エロゲやりながらブログ更新してる。エロゲは俺の心の栄養なんだ(真顔

 
 さて、そのエロゲを辞めようかどうしようか悩んでる。人生で大切なことを少年ジャンプではなくエロゲから教わった身としては、最上級の悩みである。

 いろいろと説明しようと四苦八苦したが、なんせ解決ではなく悩みの段階なので、うまく文章にできなかった。なので箇条書きにして記録を残しておく。


・人生において朧気だがやりたい事が見つかり、なんかこう頑張りたい

・いろいろ試行錯誤していたら「時間が足りない」ことに気づく

・よくよく時間の使い方を見なおしてみると「エロゲ」と「アニメ」に時間を費やしていることが判明

・性格的に、目標達成には禁欲主義的なところがあるので「じゃあエロゲとアニメ禁止にしよっか」と反射的に判断する

・えっでもエロゲって俺の生きがいそのものだし。アイデンティティだし。

・えっどうすんの。

・マジ?


 文章にしてみたらすごくくだらない悩みだった。仮にも18を超える大和男子がなに考えてんだ。
 いやでも、自分の生き方を否定するようなもんだぞマジ。ただ理屈でいうと辞めたほうがいいんだよなぁ。

【時事】誤認はネタにするしかないのだが


痛いニュース(ノ∀`) : 【遠隔操作】 誤認逮捕された明治大学生、大学辞めていた - ライブドアブログ

 このニュースを見て、可哀想な気持ちになった。


 誤認逮捕は、一般市民からは予防しにくい。警察だって間違うことぐらいあるだろうが、彼らは職業柄おいそれと自分の判断を覆せないからだ。

 僭越ながら自分の話をさせてもらうと、中学生の頃、誤認で万引き犯として逮捕されかけた経験がある。まあ結局のところ、自分語りなんだ。だって、専門的な分析はネットに転がりまくってるし。

 中学のある放課後、下校しようと下駄箱に行くと、生活指導の先生に呼び止められた。「あなた万引きしたでしょ!?」身に覚えがない。先生めっちゃ興奮してる。うまく笑えず、引きつった笑みで「いや、してないですけど」「隠したって、わかるんだからね!?」全く信用していない。コノヤロウ。

 その場はなんとか逃れたが、結局疑いが晴れず、担任→教頭→校長と面談を受ける。

「監視カメラで君の姿ははっきりと写ってる」

「隠してもバレる」

「いいから認めなさい」

 覚えてる範囲でだいたいこんなことを言われた。だが俺は認める訳にはいかない。
 万引きしたとされるその日は、エロ本を買おうとして、でも度胸がなくて何も買えなかった日だったからだ。何も買ってないし盗ってない。盗むぐらいの度胸があるなら、お小遣い3000円リミットいっぱいまでエロ本を買うからだ。

 この出来事を、仲間内ではこんな風に話してた。

「エロ本wwwwww買おうとしたらwwwwwwwwwww万引きと間違えられたwwwwwwwwwwwwwwww」


「うっはwwwwwwwwwwwバカスwwwwwwwwww」


 そう、信じてもらえないならネタにするしかないのだ。

 結局、先生方には信じてもらえなかったので、自分でその店舗に行き、監視カメラの映像を見せてもらって「これは確かに僕ですが、よく見ると店に入ってから一度も商品触ってないですよ」と証言して事なきを得た。エロ本に触る度胸すら無かったのが功を奏した。卒業するまで「万引きした生徒」というイメージは消えなかったが、それもまた話のネタになったのでまあプラマイゼロ。


 だからこそ、今回の事件はかわいそうだと思う。犯罪の規模が大きい。被害が大きい。冤罪被害の元学生は、これを笑い話としてネタにできる日は来るんだろうか。49日も経てば世間は忘れてしまう理不尽な暴力なんだが。

【シモ】見返り美人の馬鹿野郎

 綺麗な人が街を歩いていたら、顔を確認したくなるのが男のアホな性である。

ちなみに画像はネットで拾ったものなので、俺は盗撮とかしてない。そっと心のメモリーにとどめておくのが紳士の嗜みである。ネットで野獣になるのは紳士の業みたいなものだ。許してやってくれ。

 ちょっと前の記事が重くなったので、バランスを取って気軽に書けるものをチョイスしようと思ったのだが、ガチでアダルトな記事は画像を引用できなかったので脚フェチで落ち着いた次第である。

 
 さて、学術的探究心から、日夜、街の美脚を探索し続ける毎日なのだが、ついつい「これだけスタイルが良い人なら、きっと美人なはずだ!」という思い込みが消えない。

 そんなことはないのだ。

 そんなことは、ないのだ……。

 大事なことである。天は二物を与えなかったりするのだ。
 そりゃそうだ。自分の周りだって、太ってるけど元はすごい美人顔の女性もいるし、健康的な理想体型だけどンサイク(←オブラート)の人もいる。後ろ姿から、それを見分けるのはかなり難しい。「なぜ見分ける必要があるの?」という疑問は愚問だ。俺たちには、見分けて区分けて効率的にガン見する使命がある。絶対に負けられない戦いがそこにはあるんだ。

 あわよくば付き合いたいとか、そんなんじゃない。ナンパするほどの技量と度量はない。街で見かける美人は、ムッツリスケベの心のオアシスなんだ。

 それだけなんだ。

 それだけなんだ……。

 大事なことである。

【自分】足し算ができなくなった話

 【】のタグ付け、後で検索するとき楽なんだよね。

 それはそうと。
 今回はいろんな膿が溜まって、足し算ができなくなるまで生活能力がなくなった話をします。
 ある日、財布の中身を数えようとしたら……数えらんねーの。何言ってんのかわからないかもしれんが

1000円札 3枚
500円玉 2枚

合計いくら?

 って問題が頭の中で処理できなくなった。いきなりそうなったのではなくて、そこまで落ちていった。
 このブログも「俺ってちゃんと文章書けるだけの思考能力残ってるのか?」という疑問から始まってます。


 元をたどれば……自覚したのは大学の4年ぐらいの時かな。今までより自分が遅くなっていくような感覚があった。クロックダウンだ。現実の知覚に対して、今までと同じ速度で反応できていないような……うっすらとした自覚。日常生活に支障は出てなかったけど、ワンテンポ遅れている不快感に苛まれた。身の回りのことがいつも通りにできなくなった。

 すごく曖昧な書き方をしたけど、個人的には「あの出来事が原因だよな~」って”当たり”はつけてる。はっきり書かないのはこのブログを一応全世界に公開してるからだ。俺の身バレは自業自得だが他に迷惑かかるといかんし。すごくストレスのかかる出来事があったと思って頂ければ幸い。

 前置きが長くなった。

 大学時代からストレスのかかることが多くて。そんなのテキトーに発散させちまえばいいものを、俺は全部自分で背負おうとしてたんだなこれが。人に迷惑をかけちゃいかんとか、弱音を吐くのはかっこ悪いとか、そんなポリシーが深層心理にあった。
 仲の良い親友を亡くしてしまったのもひとつの誘因だ。元々本音を話すタイプではなかったので、完全にストレス借金箱と化した。

 借金には複利がついて、指数関数的に膨らんでいった。なにせこの借金、返すチャンスがないのだ。大学を卒業するころには、外界と自分の意識が曇りガラスで隔てられているような鈍い知覚になった。10分前にやろうとしている事をよく忘れるようになった。ひどく惨めな気分だったように思う。ただ、当時は自分の感情に対してひどく鈍感になっていたので「何も感じていない」と脳は信号を出し続けた。

 良くないことは続くもので、就職したところも諸事情により辞めることになり、無一文になり、ホームレスになるという3連コンボを達成した。長くなるので省略するが、着実に借金は増えていった。

 いくら負債があろうが、働かないと生きていけないので日雇いで働く。

 働く。

 働く。

 働き続ける。

 特に壮大なオチはない。俺はジワジワと自分を殺していった。ウロボロスである。借金に気づかないフリをしていたら、冒頭申し上げた「足し算ができなくなる」状態になった。
 他にも地図が全く読めなくなるとか、書類を書くのひどい時間かけるとか、最後にはメシ食えなくなって自滅した。自滅してよかった。行き着く先は死に近いものだっただろうから、コケて命拾いした。

 少し脱線するが、恋人と別れたとき、家族と死別したときなど、強いショックを受けると、脳がその出来事を処理できず、周りから見るとボーッとしているような状態……わかるだろうか?
 それがずっと続いている状態が、俺が足し算できなくなった状態だ。脳に強い負荷をかけすぎて、周りへの対処が鈍くなる。


 これを挫折と捉えるなら、現在はこうなったことに感謝している。若いときに大きな挫折に出会えてよかった。人間関係にも支障があった。自分も含めいろんなものが壊れた。あとはもう大きな犯罪を犯すぐらいしか挫折するものが残っていない。何もないので、自分の好きなことがやれる。
 こういう感想を抱けるようになるまで、長い時間がかかった。

PC用メガネは使える子


 目玉取っ替えたみたいな効果があった。

パソコンの画面みてると、光が眼の奥をジリジリと照りつけるような感覚があった。長時間作業を続けてると、痛いと感じるぐらいだった。初めはドライアイのせいかな~と思ってたんだけど、目薬を使っても治らない。困ってた。非常に困ってた。

 そこでPC用メガネを買ってみた。ディスプレイが発する青色の光を抑えてくれるそうだ。
 俺は結構重症だったから、着けた瞬間に効果を実感できた。もう全然ちがう。目が楽。悩んでる人にしかわからないかもしれんが「光が入ってこない」。

 楽すぎて、外出でも効果が体感できるので着けて出かける。もう手放せないものになった。

 画像のメガネはOWNDAYSってところで注文しました。メガネ屋なんて中学以来だったんだけど、すごくオシャレになってた。店員さんかわいかった。

ハロワの玄関で暖をとるホームレス@川崎市

 寒い季節になると、ホームレスの人がうずくまって路上で寝てるのをよく見かける。川崎市では割りと日常的な風景だ。当たり前すぎて誰も気に留めない。ハロワの前で寝てても大丈夫。あそこ凸凹になってて雨風しのげるんだよね。交番近いけど大丈夫。誰も気にしてないよ。

 この世から見放されてる感が凄い。たまに放置自転車を盗もうとしたり、「友達がいるから」とマンションに入ろうとしたり(俺のとこで実際あった)、そういうことをしない限り彼らはほっとかれる。「迷惑さえかけなければ路上で寝てても大丈夫だよ。でも死ぬと面倒だからそこで死なないでね」って認識だと思う。主観を肥大化して表現すると、でかい野良犬ってのが彼らの社会的な地位だ。

 こんな話をするのは俺にホームレス経験があるからだ。気が向いたら別で書こうと思うが、ひょんなことから家なし子になって、東池袋中央公園ってところで寝泊まりしてた。

 まー、辛いと思う。っていうか辛かった。池袋って人いっぱいいるから。疎外感がハンパなかった。
 カップルを見て「うらやまし~」ってちょっと妬むのと同じように、目の前で歩いてる人を見て「うらやましい」って感じてた。妬みは「アイツと俺を同列に見たい」って気持ちの現れだから、まだ負の向上心みたいなもんがある。そのうち、何も感じなくなる。さっきホームレスを野良犬って表現したのは、あの時「俺って野良犬みたいだな」と、街明かりのネオンを見ながらお腹をさすっていたのを思い出したからだ。

 野良犬に失礼か。

 社会のリビングデッドとしての自覚が芽生えるとと、あんまり恥とか外聞とか気にならなくなる。俺は寸でのところで助けが入ったから道を外れずに済んだけど、ホームレスとして生きるには何かしらヤバイことをしなきゃならない。人が礼儀を尊重するのは衣食住が満たされてるときだけだ。欲求を満たす手段がないと、感覚が動物的になる。奪ってでも飢えをしのがなきゃならん。

 誰か助けてやれよ。と、経験を踏まえて思う。あの状況まで追い込まれて、ふつーの人を襲わないのは奇跡だぞ。お腹へってるからだぞ。子供のホームレスが出たらどうすんの。「かわいそうだねー」って拾って帰るのか。そんな人いるのか。パパがホームレスアレルギーだったらうちでは飼えないぞ。狩り能力のないホームレスは死ぬしかねえぞ。酷いこと言ってるな。

Life touch noteとポメラ

 えー、画像はどう貼ればいいんだ。

 

 お、bloggerさん結構かしこい編集画面をしてらっしゃる。
 画像だけ表示させたかったんで、アフィリじゃなくてもよかったんだけど。

 テキストを偏愛している人なら目にしたことがあるかもしれない。


ひとつはポメラ。高性能なノートパソコンが流通するなか、テキストを入力することのみに注力したガジェット。あえて機能を限定することで、ユーザーに集中力をあたえてくれる。



 電池抜きだと430グラムほどの重さ。ノートパソコンよりは遥かに軽い。厚めの文庫本ぐらい。
 カフェに行って西尾維新著「鬼物語」を読みながら「八九寺真宵ちゃんかわいいな~小学五年とは思えない意外にも成長中のちっぱいを背中で感じながら2人でツーリングしたいな~」なんて妄想を即座に記録しておくには、コイツが最適。カフェの机は小さい。場所を取らないポメラはそんなときに役立つ。




 
 次はLife touch note。
 重さは980グラム。ポメラの倍ぐらい。そこら辺のノーパソよりは十分軽い。

 この記事書こうと思ったきっかけがコイツ。去年買ったときは新品1万7000円ぐらいで入手できたのに。今みたらプレミアついてた。新品2万8800円。発売当初の定価より高いじゃん。

 ただ、プレミアがつくだけのことはある。テキスト入力機としてコイツは有能すぎる。
 
 まずキーボードが良い。先に上げたポメラの弱点といえば、キーボードの打感が悪く、キーピッチが狭いところだ。手の大きい人はちょっと打ちづらいかもしれん。その点LifeNoteちゃんは使える。9インチの画面、それに合わせたキーボードながらも、打感は普通のキーボードと遜色ない。

 加えてwifiがあれば、その場ですぐブログサービスへ投稿できる。そういうアプリがプリインストールされてるから、なんかもう至れりつくせりである。

 やろうと思えば結構なんでもできる。OSがAndroid2.2だから、GooglePlayからアプリをダウンロードすれば割りとなんでも。買った当初はカメラで遊んだりtumblrやったりラジオ聴いたりしてた。ただ、スペック的にはそこまで高くないから、やっぱりテキスト入力機として使った時が最高のパフォーマンスを発揮する。
 
 

 どっちも外出のイイお供になる。
 ポメラは安くて軽い。LifetouchNoteは高性能だけど高い。
 なんか宣伝ブログになっちまった。でも文章書くのが好きな人にはおすすめよ。

追記:起動時間気にせずに、カフェでまったりやるならLife touch noteのほうがいいよたぶん

やっぱりニュースはおもしろい

 「人生は未知を既知にする作業だ」と、誰かがいった。
 今やってるエロゲでキャラクターの誰かが言ってた。作業している横でエロゲが映ってないと落ち着かない性分である。性癖である。「お兄ちゃん大好き♡」「愛さえあれば問題ないよね♡」等のボイスがないとモチベーションが保てない。おい妹よ、いつまで経っても兄貴離れせずにまいあさまいあさ制服エプロン姿で馬乗りになりやがって。うへへ。悪い子にはお仕置きせなあかんなぁ。

 オチを考えずに文章を書き出すとこんなものである。


 GoogleReaderに5000件以上ニュースサイトやらブログやらをぶち込んで、毎秒毎秒追加されていく更新を眺めて「これは全部読めない」「ニュースに殺される」などと思ったものですが、じきに6000件を超えそうです。読めなくても収集癖は止まらんのです。多くの有象無象から「俺だけの情報ソース」を抽出するのがたまらないのです。止まらないのです。5大新聞とエロ画像サイトをうまくサンドイッチで表示できるようバランス取ったときは性的興奮すら覚えました。読売の社説「原発再稼働判断 政府の責任回避は許されない」と「絶対チンポなんかに負けない女の子画像ください!」をサクサク読める贅沢。情報ドラッグです。

 昨今はtumblrを覚えてしまったからもう大変。tumblrはニュースクリップを投稿できます。あのサービスは「俺のtumblrが一番だ!」で構成されている世界ですから、御多分にもれず僕も「俺が一番おもしろニュースを投稿できるんだ!」と息巻いてしまいます。そりゃもう寝食を忘れて、投稿規制がかかるまでクリップとリブログの嵐です。きりがない。本当にきりがない。

 どうしようこの話終わりがない。何か新たな発見があったから、書き始めたはずなんだけど。
 ああ思い出した。

 ニュースに対する欲求はどんどん膨らんでいってます。ハッキングから今夜のおかずまで。政府速報からXVideoまで。
 ジワジワと検閲範囲を広げていくと、壁にぶち当たりました。言葉の壁です。日本語のニュースしか読めないっす。英語無理っす。でもネットに転がってる情報の7割は英語で書かれてるんだぜ?おもしろい話がいっぱい転がってるのに、なんでそれ読めねえんだよ!もう!XVideoで「japanese porn」とか検索してる場合じゃねえよ!



 てことで、英語圏まで触手を伸ばしてみようかと思います。そんだけ。