【日本脱出編2】寿司で海外就職は妥当か?

 日雇いで日銭を稼ぎながら転職活動。日雇いはその日、どんな仕事をするのか、どんな人間と関係を構築していくか運の要素が強い。年齢高めの人は、登録会だけで「私には向かない」と辞退したりする。日雇いは普通に働くよりも大変だと思う。
 大変だが心的負荷は少ない。やるべきことをやってる手応えがある。ペダルに力がきちんと伝わって前に進んでいる感じ。

 目的がはっきり決まるのは良い。俺は海外に行きたい。海外というよりも、どこ探しても居場所がなかったから海外に手を伸ばすかたち。
 高校中退してから「俺に会社員は務まらない」と度々感じていたが、間違いなく正しかった。自分で人生の舵取りができない状態がなんだか息苦しかった。「なぜ自分の貴重な時間を授業受けるために使わなきゃいけないんだ?勉強は好きな時に独学でええやろ」と学校辞めるぐらいだったから、組織で与えられた役割を演じる世界に魅力を感じないのはある意味必然だったのかもしれない。

 転職活動は以前ブログで書いたように寿司屋に焦点を絞った。

 何社か受けるが、海外移住のため寿司の技術を学びたかったので「初心者でも寿司を握らせてくれるところ、仕込みみをやらせてくれるところ」に限られる。最近はかっぱ寿司、スシローといった100円寿司ではなくても、「職人さんが握ってる風に見せてるだけ」でかなりの部分を機械で補っているところが多い。機械が適量のシャリを整形してくれて、職人さんがネタ乗っけて提供する。お客からすればちゃんと握って欲しいところだけど、このシステムの方が効率的でアルバイト雇ってもシフトが回せるんだからしゃーない。

 結論を言えば、完全に手作りの寿司屋には就職しなかった。手作り系は修行期間が長すぎるのと、それに併せて20代前半を多く採用していたからだ。海外移住よりも日本で地に足つける働き方だった。

 機械式、手作り式それぞれを折衷しているような会社に入社することにした。
 余談だが、最近の寿司業界は職人気質の人間を求めていない。接客もできて、寿司も握れるオールマイティな人間が求められている(と、採用のおっさんが言っていた)。技術系の仕事はどうしても暗い・接客が苦手な人が応募してくるジレンマを抱えているが、そういう人間は淘汰されているそうだ。

 無事入社し寿司作りを勉強する。
 勉強すると言っても、飲食業は基本OJTだ。特に俺の入った寿司屋はむちゃくちゃ人気店で、回転寿司のくせにネタは回転寿司っぽくなクて美味しいし、しかもネタがデカくて安い。店外に行列ができて、平日でも普通にお客さん並ぶし、1,2時間待ちは当たり前の店だった。

 これは飲食店でキッチンをやったことある人ならわかるかもしれんが、ほとんどの飲食店は新人に厳しい。ベテランがこなす仕事量を、問答無用で新人にも求められるからだ。お客さんはまってくれない。かと言って周りもフォローする余裕がない。

 俺もいきなり「焼き場」を1人で任された。そりゃ作り方は教えてくれたけど、次から次へやってくる注文票を捌くのは骨が折れた。ネタをガスバーナーで炙ってトッピングして出すだけだが、キャパ80人はある店の炙り注文を1人でやるのは秒単位で正確に動く必要が出てくる。

 ただ、骨が折れる程度で済んだのは新人で俺だけらしかった。「お前絶対他の店で仕事してただろ!」と何度も言われた。昔から作業系の仕事は得意で、向いていたのかもしれない。さらに自分の持ち場を全うできない人間はハブられる系の職場を経験してきたので、「新人だから」で絶対許されないだろうなと思って仕事してた。この仕事の仕方は周りを信用してない前提だから精神衛生上良くないしあまりオススメしない。

 できない人は入社して半年経ってもできないのが巻き物系らしい。確かに巻き物はシャリとネタの配分を間違えるとすぐパンクする。さらに上を目指すなら、巻き物でもにぎり寿司のようにフワッとシャリが崩れるように、柔らかく巻くのがベターだ。
 ここでも3日ほどで巻き物を提供できるようになり店長に気に入られる。なんか自慢っぽくなってしまって書いてて気持ち悪くなってきたのだが、俺は現時点で寿司を辞めているのでもう使われない技術だ。

 さて、やっと本題に入るが、寿司で海外移住はあまりオススメしない。

 理由はシンプルで「どうせ寿司やるなら日本の方が待遇が良い」からだ。

 ネットで検索すれば海外の寿司求人も調べられるので、検討している人は比べてみると良い。日本では寿司職人なら、経験浅くても探せば年収400ぐらい行ける(高級店は知らん)。海外だと240~300ぐらいが妥協点だ。途上国だともっと低い。物価関係のツッコミが来そうだが、物価は2015年現在日本はけっこう安い。
 次に休日だが、ある程度事業展開してるところなら日本でも100日以上は少なくとも保証される。最近は年間休日120日以上を謳う会社も珍しくない。海外だと、100日と同等かそれ以下になってくる。これは俺にとって意外な事実だった。労働時間も(紙面上では)大差ない。1日10時間は働く。実際は12時間~だと思う。

 日経新聞あたりが「海外で寿司職人として働くと年収1000万!」みたいな記事を書いていたが、それは海外で起業する経営層レベルでの話であって、従業員として働くならそこまで年収があがることはまず無い。

 はっきりいって俺は働きたくない。会社の都合で俺を動かす時間と労力を1%でも減らす為に海外に行くし、できれば放っておいて欲しいし遊んで暮らしたい。なのに海外に行って余計に働くのは本末転倒なので辞めた。海外では巻き物寿司が主流のところが多かったりするので、巻き物の技術を習得できたのは良かったと思う。なにか状況に変化が起きたら保険として使えるかもしれない。

 脱線するが日本の寿司屋で働き続ける気はない。日本ではサービス業のサービスインフレが激しすぎて働くのがバカバカしく感じてしまう。一昔前はスマイル0円だったが、今はスレイブ0円だ。お客は雇用主のように振る舞い、従業員は絶対服従の奴隷のように振る舞う。言い過ぎか?しかし、利益に直接関係しない0円の仕事が増えすぎだ。

いいから馬油でオナニーだ!

 ローションでオナニー?

 古い古い!

 ベッチョリしてて、シコシコしているうちに根本にローションが集まってきてすごい気持ちいいんだけどコレジャナイ感があるでしょ?おまけに事後の処理も大変でしょ?せっかくの賢者モードなのにシャワー浴びないとローション取れないでしょ?

 女性用のボディローションをチンコに塗りたくって「はぁああ……まるで女の子に手コキされてるようだ……」ってプレイもダメね!ボディローションは長時間滑りを保てないから短期決戦のすごい急かされるオナニーになっちゃうからね!

 そんなとき役立つアイテムが馬油。それもオイルタイプの馬油が良いね!


 長時間の摩擦にも耐えられて、事後処理もラク!ティッシュでササッと拭けばチンコさんすぐ綺麗になっから!おまけに馬油は昔から美容に良い素材として利用されてきてるから、オナニーした後は右手とチンコがほんのり美肌になる特典付きだ!

 早く皮オナニーから卒業して、滑らかな亀頭オナニーライフを満喫しちゃえよ!

ネカフェに人が住んでいる

 もうごまかしが効かないほどに、ネカフェに人が住んでいる。

個室を仕切る170センチほどのパーテーションからはみ出て、”地層”がチラチラ見える。

 積み上げられた文庫本の山だとか。

 春なのに冬季限定の文字が伺えるコーヒー缶の山だとか。

 旅行にしては多すぎる私服の山だとか。

 法則としては、「店内に月極のコインロッカーがあるネットカフェ」は人が住んでいる。だいたい月5000円ぐらいで”タンス”が借りられる訳だ。

 それにしてもこのネカフェ、ゲラゲラ浅草店には居住者が多い。壁際の個室はほとんど居住者じゃねえか。観光で来てる人はシャンプーをボトルで買い置きしたりしない。なんだこの生活臭は。

 この店だけじゃない、東京近辺のネカフェは明らかに居住者が増えてきてるし、居住者向けのサービス内容に変わってる。

 今までは「24時間パック」がどの店も最長プランだったが、「3日間プラン」や「1週間プラン」を掲げる店も少なくない。だいたい24時間3000円ぐらいで借りれるから、月9万円の家賃で住む計算だ。これは単純な家賃だけではなく、水道光熱費、通信費、ドリンク代(シャワーあるところはガス代も)も加味しての値段なので、都会ならそう悪くない値段だ。ネットカフェは駅の近くに店を構えているため、派遣労働者にはコスパの良い住居なのかもしれない。暇だったら漫画も読めるし。

 昨今はシェアハウスなんて小分けされた3~5畳の住居が市場に出回っているが、どこも入居希望者で順番待ちの状態だ。てっとり早く拠点を構えるにはネットカフェは向いている。

 別に部屋に呼ぶ恋人もいないし、結婚する予定もないし、一人でフラフラ生きていきたいならもうこういう生き方でいいんじゃないかと思う。
 金が欲しくて働いて寝るだけのその日暮らし、嫌だったら別の仕事に変えられる。同じ職場にしがみつかなきゃならない会社員以外の選択肢が、すぐそこに転がってる。どっちがいいかは人それぞれだと思うけど、どっちもその日暮らしに見える。人が何を抱えて仕事してるかなんて、ちょっと見ただけじゃわからんが、選択肢が増えたんだな。

善意はすぐ見返りを求める

 ホームレスなんかやってると「なんでそんなになったんだ」「選ばなきゃ仕事はあるしプライド高すぎ」なんてことを直接的だったり間接的だったり言われたりする機会がある。なんか話を聞きたいといわれ会ってみると「俺はそういう風にはならないですねw」と苦笑されたりする。身の上話はネット以外ではほぼ話さないが、余計に話さなくなった。誰が得するんだ?こんな話。そんなことよりサメの話しようぜ。


 それでもネットは俺の心の便所として機能していてほしいので書いちゃうんだけど、本当は新しく発見した馬油オナニーマジすげえって事を書こうと思ったんだけど、あとで思い出してくすぶっちゃうのは心の健康に悪いので仕方なく書く。

 まず、わざわざ嫌な感想を教えてくれる奴。学校でタバコ吸うときと同じだ。見つからんようにやってくれ。笑ってくれるのは俺も楽しいが、笑われると俺は仲間はずれやん。それ悲しいやん。

 アドバイスくれる奴。身の上話って聞いちゃうとついついツッコミたくなる気持ちはわかるが、許せ。許してくれ。自慢にもならないのは承知だが俺は人生の選択を人のアドバイスに頼ったことがない。相談が極端に苦手だ。
 もし仮に「お前は正社員としてまじめに働くべきだよ!」等のアドバイスを素直に聞いたとして「やっぱりうまく働けないんだけどどうしたら良いと思う?」と再相談したら、相手からしたら「知らんがな」が本音だと思う。善意で助言する余裕があったとしても責任は取りたくないだろ?

 俺にも経験があるが、善意で行動するとすぐ見返りを欲しがっちまう。相手をコントロールしたい欲求の一端だったりする。アドバイスのつもりが、強制や命令だったりするんだ。「怒りで人を制してもしょうがないじゃない」と、ある落語家は答えたが、アドバイスで相手の周囲を固めて「なぜ正しいことをしない?」とチェックメイトかけるのはやめてくれ。したくてもできないわけがあるに決まってんだろ。

 最後に、ただのひとつの話として聞いてくれる奴。あんたはすごい。「沈黙は金」とは言うけれど、それがどれだけ難しいか。こうやって不特定多数にあーだこーだのたまう俺には想像すら厳しい。
 意見を表明しないことの強さは、品があるとも言える。歳を重ねるごとにツッコミどころが見えてくる。それをこらえて相手の話を尊重するあんたは偉い。俺は今、ただ一人に向けてメッセージを送りたい。あんたは偉い!

【日本脱出編1】ただし無限を感じる

日本脱出を決意したものの、日本での立場がホームレスである。

家族は絶縁状態で保証人すらいない。

ここからのスタート。とりあえず明日メシを食う金が危うい。

 とりあえず日払い(週払いだと飯が食えない)のバイトで口を糊する。「緊急連絡先」の欄は適当に埋めておく。慣れたものだ。日払いの仕事はこちらを見て仕事を教えてくれる人もいれば、しゃべる権利を与えてくれないところまで様々だ。人は自分が信じる利益のために行動しているのだなと思う。

 ネットカフェのオープン席に泊まる。まんが喫茶ゲラゲラはオープン席がリクライニングになっており、狭いながらも腰に痛みを感じずに眠れる。しかも10時間で1000円ちょっとで泊まれる。俺みたいなヤツだけではなく、終電を逃したサラリーマン、酒とツマミが標準装備の肉体労働者、化粧っ気のない若い女性なんかも泊まる。俺が見てきた社会は、組織の中だと必要以上に干渉してくるが、赤の他人だと本当に何の感心も払わない。「よそはよそ、うちはうち」である。そのギャップがなんだか可笑しいし、今はそのギャップに救われもしている。

 だいたいこういうネカフェには「働きたい!でも家がないあなたにも利用できる公的扶助ありまっせ!」と謳っているチラシないしはティッシュが置かれている。生活費と住む家を貸してくれるらしいが、よく見ると審査条件があり、俺は外れていた。ここで寝ている人も外れているんだろうか?

 隣のおじさんの不規則なイビキを聞きながら目を瞑る。ここは温かい。これは2月初旬の追憶だ。外だったら寒くて寝れない。一度、奈良の県境の山で一夜を明かさねばならない状況に追い込まれたときは寒かった。公園のトイレで夜風を防いで眠ろうとしたが、身体が眠ろうとすると心臓がバクバク鼓動して反射的に目が覚める。眠るにはじっとしている必要があるが、じっとしていると体温が下がる。あれは大変だった。

 そういえば街のホームレスは冬になると街から消える。春になるとまた戻ってくるが、それは俺がホームレスを群体として認識しているだけであって、個体のホームレスはどこかで死んでいるのかもしれない。俺もそうなるかもしれない。つらいのは最初だけで、慣れてしまうと「明日の仕事は交通費高すぎて割が合わない」なんてことを考える。朝起きたらタオルで身体を拭く。風呂の機会が少ない生活にも慣れた。

 なぜ家なし金なしコネなしで海外に行こうと思ったのか。現実逃避なのか。遠い先の目標にすがりたかったのか。
 ひとつ認識しているのは、俺はこの社会ではもうダメで、それはもう本当にダメで、一見順応しているように見えても全てを捨ててホームレスになってしまう、そちらの方がむしろ楽だってぐらいダメなんだ。組織が回っている意味や、そこに生まれる感情も理解が届く範囲だが、納得はできない。ああやって毎日いろんなものを削って働き続けるのが、俺には自殺行為に見える。あれを続けてなんになるんだ。仕事して結婚して子どもを育てて幸せな人生を送るのが俺の幸せになるのか。なるわけねえじゃん。それは人の目を気にしてるだけだ。卑屈を避け、自慢気になりたいだけだ。

 こじれてしまった。もう寝よう。明日も仕事だ。